抜毛症、円形脱毛症では「かゆみ」を軽視してはならない。だからトリコチロアール。

頭がかゆい女性のイメージ 育毛

抜毛症や円形脱毛症の悩みに、頭皮の「かゆみ」が深く関わっている可能性がります。軽い「かゆみ」は、それほど深刻に受け止めない傾向があると思われますが、実はそれが危ない?かもしれません。放置することは、抜毛症や円形脱毛症の症状をより悪化させる可能性があるとの専門家の指摘もあります。かゆみと抜毛症、円形脱毛症の関係を調べてみました。



ポイント:抜毛症・円形脱毛症を改善するためには乾燥や炎症による「かゆみ」を放置してはならない

頭皮のかゆみは誰もが感じるモノで、特別な悩みには至らず、日常の洗髪でほとんど解決しています。夏場の汗や皮脂・フケのなどの悩みも、意識的なシャンプー選びや頭皮用ローションで解決しています。こうした習慣から、かゆみについては、それほど気にしない方も多い?と思われますが、抜毛症や円形脱毛症の場合は、気にかけるべきで、かゆみがあれば、しっかり対策すべきで、また予防も重要です。

抜毛症・円形脱毛症専用の薬用育毛剤トリコチロアールが、そのお役に立ちます。


トリコチロアール
その理由を抜毛症と円形脱毛症それぞれについて、ご説明します。

抜毛症と「かゆみ」の関係

かゆみは抜毛行為を誘発する

抜毛症は、抜毛行為を止めたくてもやめられない悩みがあるわけですが、抜毛という行動を起こす過程を振り返ると、「かゆみ」などの頭皮の不快感が原因となっていると指摘する専門家もあります。もちろん「かゆみ=抜毛症の原因」ではありませんが、抜毛行為を誘発するトリガーの1つとなっている、と言う意見です。

実際、抜毛症の患者さんの中には、さまざま不快感や不安感が、毛髪を引き抜くことで緩和されると感じるようです。かゆみも「さまざまな不快感や不安感」の1つです。
(毛髪を引き抜く直前には緊張や不安、もやもや感があって、抜毛によってそういった気持ちが和らいで、時に満足感や気持ちいいといった快感のようなものを覚える方が多いとされます。)
「かゆみ」は不思議なモノで、ストレスや不安感、イライラや焦りなどから、誘発されることもあります。これは頭皮に限ったことではありませんが、乾燥肌の場合に起こりやすく、二の腕、足、背中、首筋などに起こることが多く、蕁麻疹のような症状になる方もいます。

抜毛症の場合、「やめたくてもやめられない抜毛習慣」があって、不意に手が毛髪に触れてしまう習慣があるわけですが、頭皮にかゆみがあれば、なおの事、抜毛行為を誘発する可能性があります。したがって、かゆみは放置しないで処置する、さらに予防することが望ましいと思われます。

抜毛症による薄毛・ハゲはかゆみが発生しやすい

上記の通り、かゆみは抜毛行為を誘発する可能性がありますが、抜毛症による薄毛やハゲが出来た状態は、頭皮環境として、かゆみが発症しやすい状態でもあります。それは、髪に覆われた状態であった頭皮が、抜毛によってむき出しになり、乾燥しやすい状態になるからです。頭皮以外の皮膚も乾燥すると、かゆみを発症することと同様です。
また、抜毛後、髪が再生する過程でかゆみを感じると言う抜毛症患者も多くみられます。髪が再生する過程の薄く細い「うぶ毛」を抜く、という患者もみられ、その繰り返しでは、髪を再生することはできません。
また、髪を引き抜く行為は、頭皮を炎症を起こす原因にもなり、その炎症が回復する過程でもかゆみが発症するケースも多く見られます。

トリコチロアールは、抜毛症専用の薬用育毛剤で、頭皮の保湿作用を持つ成分や炎症を抑える成分を配合していますから、
育毛と頭皮環境の改善やかゆみの抑制も期待できますから、おすすめです。


円形脱毛症と「かゆみ」の関係

円形脱毛症では、頭皮にかゆみの症状が出た人がかなりの割合でみられます。
「育毛サロンバイオテック」より引用

円形脱毛症罹患歴のある人を対象にしたアンケート結果があります。
【質問】円形脱毛症の脱毛部がかゆくなったことはありますか?
「ある」と答えた方は、全体の約60%。
調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2018年11月22日~2018年11月29日
有効回答数:96サンプル

・円形脱毛症が発症しはじめたころに、少しだけかゆかったです。(41歳・男性)
・毛がなくなって地肌が露出しているせいか、少しの刺激でも敏感になり痒く感じた。(35歳・女性)
・毛髪がなくなって頭皮が乾燥するせいなのか、痒みを感じました。(51歳・女性)

抜け始めのときにかゆみがあったという人のほか、頭皮への刺激でかゆみが出やすくなったと感じる人もいるようです。

ただし、かゆみどころか自覚症状が全くなかったという人もいて、約40%ありました。

・かゆみは全くなかったです。なので、自分では気づかず親が円形脱毛症を見つけてくれました。(47歳・女性)
・まったく自分でも気がつかないうちに円形脱毛症になっていた。気付いたときはこれ以上進まないよう必死で治すことだけ考えていたのでかゆみとか感じたこともなかった。(49歳・女性)

円形脱毛症の患部にかゆみが発症するにはなぜか?
大きく4つのケースが想定されます。
1.脱毛によって、頭皮がむき出しになり乾燥することでかゆくなるケース
頭皮以外の皮膚と同様に、乾燥することでかゆみが出ます。

2.円形脱毛症の症状改善によるかゆみのケース
円形脱毛症が治る過程で、かゆみを感じたりすることがあります。
脱毛した患部に髪が再生する時に、かゆみを感じる場合があります。この場合は心配する必要はありません。

3.ストレスによって、かゆみを感じるケース
円形脱毛症を発症するキッカケとして、強いストレスが関わっていると言われますが、円形脱毛症になってしまった事自体も強いストレス・ショックであるため、そのストレスの影響でかゆみを感じることもある、と言われています。

4.円形脱毛症の原因である毛根の炎症が継続していることでかゆみを感じるケース
円形脱毛症は、リンパ球が毛根を刺激し、毛根が炎症してしまうことが原因です。(*参考情報1)
本来、リンパ球はウイルスや有害な菌と戦う免疫機能をもっていますが、円形脱毛症の場合、誤って自らの毛根を攻撃してしまい、その結果、抜毛すると言われています。毛根の炎症がかゆみを引き起こすケースは、その後の円形脱毛症の拡大につながる可能性もあり、要注意です。

1~4のうち、2と3については、放置しても問題は無いと思われますが、1と4は、頭皮に何らかの異常(*参考情報2)が起きており、円形脱毛症を間然するためには、放置することはよくないと考えられます。
ただし、1~4を自覚症状で区別することは困難です。

円形脱毛症と頭皮(患部)の色 「赤いと危険」説

円形脱毛症の程度を判断する際に、頭皮の色を確認すべきとする専門家の見解があります。
円形脱毛症の頭皮の色について「いいねヘアケアラボ」サイト
以下に引用します。

円形脱毛症になった部分は特に頭皮がよく見えるので、頭皮の色を確認してください。

健康な頭皮は青白いもの。

頭皮がピンクや赤い色だとだと要注意です。

頭皮が赤いことで必ず円形脱毛症になるとは言えません。

ただ、円形脱毛症になった場合、その後、赤い状態は、頭皮に異常があるということ。

頭皮が赤いまま放置しておくと、髪の毛が生えにくい頭皮環境のため

円形脱毛症が悪化する可能性が高いです。

以上、引用終わり。

これまで記載した通り、頭皮かゆみは、抜毛症や円形脱毛症の改善の障害になる、あるいは悪化させる可能性があります。
頭皮のかゆみ対策に効果が有り、しかも副作用・副反応の心配がない天然植物由来の成分主体の「トリコチロアール」が、お役に立つかもしれません。

トリコチロアールは、頭皮の乾燥や炎症を抑え、頭皮環境を改善しますから、かゆみにも有効です

トリコチロアールは、抜毛症と円形脱毛症に特化した医薬部外品の育毛剤です。
トリコチロアールは、上記に記載した抜毛症や円形脱毛症による頭皮および毛根の炎症、乾燥などを改善する成分を複数配合しています。頭皮環境を改善することでかゆみを抑制することも期待できます。


トリコチロアール

トリコチロアールの成分についてはトリコチロアール情報まとめ(成分、効果、口コミ、最安値など)にまとめています。

参考情報1:円形脱毛症と炎症慶應義塾大学医学部・医療健康情報サイトより引用)
円形脱毛症は、毛髪を作るおおもとになる毛包のうち「毛根」と呼ばれる部分が炎症により破壊されることにより生じます。コインのように円形な脱毛斑ができるのが特徴ですが、重症の場合は脱毛斑がどんどん大きくなる、あるいは、たくさんの脱毛斑ができてしまうこともあります。最も重症の場合には体毛も含めて全身の毛髪が失われることもあります。本来、自分の身体を細菌やウイルスといった外敵から守るために活躍する「リンパ球」と呼ばれる細胞が誤って毛包を攻撃してしまうことによって生じると考えられています。このように本来攻撃の対象とはならない、自分を病気から逃れる機構=免疫系が攻撃してしまう状態を自己免疫性疾患といいます。
参考情報2:「かゆみ」は皮膚の異常を知らせる信号
「かゆみ」を感じるのは、人間の身体に備わった「警報システム」の一つと言えます。皮膚の中に異物を感知すると、免疫系は攻撃態勢に入り、「ヒスタミン」などのかゆみの伝達物質を放出して皮膚に異常が起きていることを知らせます。これによって人は「かゆみ」を感じます。
かゆみを発する皮膚疾患には、湿疹・じんましんなどが代表的です。湿疹によるかゆみのほとんどは、汗による刺激、植物や金属・化学物質によるかぶれ、虫刺され、日光、ドライスキンなどがきっかけで、肌に軽微は炎症が起きていると考えられます。一方で、じんましんについては医学的な原因や発生メカニズムは究明されていません。じんましんは、炎症とは言えない「ブツブツ」ができますが、かゆみが退くと、「ブツブツ」もキレイ・サッパリなくなってしまう点が特徴です。

まとめ

抜毛症、円形脱毛症の改善のためには、通常放置しがちな「かゆみ」をしっかり対処すること、かなり大事です。
なぜなら、「かゆみ」に対処することは、抜毛症と円形脱毛症に共通して見られる頭皮や毛根の炎症を抑え、保湿成分で乾燥を改善・予防し、頭皮環境を整えることにつながります。トリコチロアールの成分なら、それらの効果に加えて、髪の再生や成長サイクルを正常に戻す成分も配合されているので、効果が期待できます。

お大事になさってください。

タイトルとURLをコピーしました