ナイアシンアミドの効果、「ピリピリ」するナイアシンフラッシュの正体は?

スキンケア

ナイアシンアミド配合の化粧品(医薬部外品)が多数販売されています。シワと美白、バリア機能、さら皮脂のコントロールを目的に配合され、近年は、シワ、シミ、くすみ、たるみの改善する成分として注目されています。一方で、「ピリピリ」して赤みを伴うかゆみが発生する「ナイアシンフラッシュ」を敬遠する向きもあります。この点については、誤解もあるようなので、この記事でご説明します。

1.ナイアシンフラッシュは、ナイアシンアミドでは起きない

ナイアシンフラッシュは、ナイアシンに肌が反応して熱を帯びて赤くなる現象で、時に「ピリピリ」痛みを伴うこともあります。よって起きます。
ただ、現在、シワ・美白対策に用いられるナイアシンアミドではナイアシンフラッシュは起きにくい、ほとんど起きないとされます。ナイアシンとナイアシンアミドが紛らわしいことから、誤解される方もあるようです。

ナイアシンとナイアシンアミドは似てはいるものの、異なるものなのです。

ナイアシンとナイアシンアミドの違い

ナイアシン、ナイアシンアミドは共にビタミンB群の中までビタミンB3です。
紛らわしいのは、「ナイアシン」は、ナイアシン(ニコチン酸)のナイアシンアミド(ニコチンアミド)総称でもあることです。

別名で見ると、その違いが少し見えてきます。

・ナイアシンは、ニコチン酸です。
・ナイアシンアミドはニコチンアミドです。

まだ、紛らわしい(笑)

もう少し、専門的(化学的)には、ナイアシンアミド(ニコチンアミド)はナイアシン(ニコチン酸)の前駆体であり、ナイアシンアミドはナイアシンを生成する前の段階の物質なのです。ナイアシンフラッシュは、主にナイアシンに見られる現象で、ナイアシンアミドにはほとんど見られない現象です。

ナイアシンとナイアシンアミドのそれぞれの効果は?

下記にナイアシンとナイアシンアミドの効果の違いを記載しますが、ポイントは、化粧品でシワ・シミ・美白などを目的に配合されるのは「ナイアシンアミド」で、厚生労働省が抗シワ成分として承認にしているのもナイアシンアミドです。

ナイアシンの機能、効果

・エネルギー作り
・脂質や糖質の分解(ダイエット効果)
・皮膚・粘膜の炎症を防ぐ
・神経症状を防ぐ
・血管拡張作用(肩こりの解消、冷え性改善に効果)
これらの効果全般から、アンチエイジングに寄与すると考えられます。
また、上記の効果を狙ったサプリメントも多く販売されています。

【スポンサードリンク】


ナイアシンの血管拡張作用は、人によっては一過性で顔面紅潮、上半身のほてり、かゆみ症状が現れることがあります。これがホットフラッシュ、あるいはナイアシンフラッシュと呼ばれます。

ナイアシンは、ナイアシンアミドに比較すると化粧品への配合例は少ないですが、皮膚コンディショニング剤やヘアコンディショニング剤に配合されています。

ナイアシンアミドの機能、効果

代表的な効果は、下記の通りです。
・肌のバリア機能の改善(グルコシルセラミド、スフィンゴミエリンおよびセラミド合成促進による)
バリア機能が働くと、肌は外部からの刺激から守られため、内側の水分が蒸散するのを防ぐことができる。→乾燥を防ぐことにつながる。
・シミ、くすみの改善や美白効果(メラノソーム輸送抑制によるメラニン・色素沈着抑制作用)
・シワやたるみの改善(コラーゲン減少改善による抗シワ・抗老化作用)
・抗炎症作用もあるから、ニキビ跡や色素沈着の改善にも使える
・皮脂をコントロールする働きがあり、ベタつきやテカリが気になるオイリー肌や混合肌に適しています。ニキビ改善では化粧水「The Ordinary」が有名ですね。

また、最近では、ナイアシンアミドが血行を促進し、肌のターンオーバーを促進し、セラミドの合成を促して肌荒れを防ぐことも判明しています。

いったん、まとめると、シワ・たるみ(ほうれい線)・シミ・くすみの改善、ニキビ予防とニキビ跡の補修、ターンオーバー促進、肌荒れ防止などの効果があり、肌質は乾燥・オイリー・混合のそれぞれに使用できる。・・・・スゴイんですね。

ナイアシンアミドによるナイアシンフラッシュがほとんどないことは、Wikipedia(☞Wikipedia「ナイアシンアミド」」のページなどにも記載がありますし、化粧品オンラインによれば、肌に対する刺激もほとんどないとされています。
ナイアシンアミドの成分、効果、毒性に関する解説

【スポンサードリンク】


ナイアシンとナイアシンアミドの違い、まとめ

冒頭で、「ナイアシン」は、ナイアシン(ニコチン酸)のナイアシンアミド(ニコチンアミド)総称でもあり、紛らわしいと記載しましたが、まとめると、ナイアシン(総称ではなくニコチン酸の方)はサプリメントなどに使用されるなど栄養面で活用され、ナイアシンアミド(ニコチンアミド)はシワ改善や美白効果を期待して化粧品に配合されます。
なお、ニコチン酸、ニコチンアミドの「ニコチン」は、タバコに含有されるにコトン・タールとは関係ありません。

補足:ナイアシンアミドの別名について

ナイアシンアミドは、化粧品メーカーによって配合成分の記載について、ナイアシンアミド以外の名称を用いることがかなり気かけられます。別名には、下記の例があります。
・ニコチンアミド
・ビタミンPP
・リンクルナイアシン
・浸透型シワナイアシン
あえてナイアシンアミドの名称を使用しないで、名称を付ける意図は、はっきりしませんが、「リンクル」や「浸透型シワ」をつけるのは、独自色や効果のアピールと思われます。

この記事をご覧になる方の中には、記事タイトルから、ナイアシンフラッシュについて、調べたい意図がある方もあるかもしれませんので、ナイアシンフラッシュについて、もう少しご説明しておきます。

ナイアシンフラッシュは、善悪共存

ナイアシンフラッシュは、肌が赤くなって、かゆみが発症する、「ピリピリ」とした違和感がある、など不快でツラいイメージが一定ありますが、身体に良い面もあり、血行改善などを目的にナイアシンフラッシュを意図的に発生させることもあります。

ナイアシンフラッシュの利点

ナイアシンフラッシュはナイアシンを多めに摂取すること引き起きます。身体にとってのメリットは下記の例があります。
・たんぱく質や糖質の代謝を促進し、肌の調子を改善する。(ダイエット効果もある、とされるのは、代謝促進によるもので、体重が減少するわけではありません。)
・神経伝達物質であるヒスタミンが多く分泌されることによって、脳機能の正常化(ビタミンB3は記憶力を上げるビタミンとも言われている)できる。
・血行促進効果によって、肩こり、手足のしびれの改善などを目的に、医療機関で点滴などによって意図的にナイアシンフラッシュを活用する医療施術もあります。

ナイアシンフラッシュが起きたら?

症状やその程度はさまざまですが、代表的な症状例は下記になります。
・耳や頭皮から手先、全身まで真っ赤になり、かゆみがでてきた
・局所的に赤くなり、かゆみがでる。ピリピリする。
・時に「蕁麻疹」のような外観になることもある。
これらは、全身の毛細血管が開き、強力なデトックス効果、血流を改善させる働きがあるからこそおこる症状とも言われています。一般に2-3時間程度では収まるケースが多いとされます。

ナイアシンフラッシュは危険なのもではなく、好転反応の一種とされています。しっかりと作用している証としての反応と考えられます。しかし不快であること、皮膚に症状が出る場合もあるため、外出前にナイアシンをサプリメントなど摂取することは避けた方がいいでしょう。なお、ナイアシンを日々摂取していくと、徐々に症状は少なくなる傾向にあります。

ナイアシンフラッシュに悩む方もあります

実際に、ナイアシンフラッシュの症状が現れると、人によっては耐え難いレベルになることもあります。全身の皮膚がピリピリとかゆくなってきて、肌全体に赤みが出て、さらに体が熱くなってきます。この熱い感じは、「ポカポカ」心地いいと感じるケースもあれば、発熱時のように感じられ、不快であるケースもあります。再発を想像すること自体が、嫌になるレベルとお感じになる方もありますので、一定の留意をおすすめします。

ナイアシンフリーについて

サプリメントとしては、アルコール対策や、乱れた生活習慣のケアのために摂取される方が多いです。一方で「ナイアシンフラッシュ」の症状が回避したい要望もあるため、フラッシュフリーのナイアシン商品もあります。

まとめ

昨今のマスク着用の習慣化は、肌荒れやシワ・シミの遠因になるとの見解から、ナイアシンアミドを配合したシワ対策の化粧品が多数販売されています。化粧品選び、サプリメント選びの際に、下記の点がご参考になれば、幸いです。
・シワ・シミ対策の化粧品(医薬部外品)にナイアシンアミドは、厚生労働省がシワ改善効果を承認する成分で、ナイアシンフラッシュや肌への刺激は一般にないとされ、敏感肌の方でも使用できます。
・ナイアシンは健康効果が認められ、血行促進や代謝の向上に寄与し、アンチエイジング効果もきたいされます。ただし、ナイアシンの含有量によっては強いナイアシンフラッシュが発症することがあります。
・ナイアシンフラッシュはナイアシンの(過剰な)摂取、塗添によって引き起きる現象。一過性の現象であり、長びく心配はありませんが、かゆみなどの不快感がある点では留意が必要です。

【スポンサードリンク】


ナイアシンアミドを配合したシワ改善商品についてまとめました。☟
ナイアシンアミド・シワ改善化粧品「リンクル商戦」

タイトルとURLをコピーしました