美活菌とは、何なの?美肌フローラ、腸内フローラとの関係は?

アンチエイジング

美活菌という言葉、よく見かけます。そもそも美活菌ってなんなのでしょう?ネット検索で美肌菌を調べても美活菌の定義を説明するページはでてきません。それは、美活菌は特定の菌の名前ではなく、比較的最近できた「造語」のようなものです。美活菌という菌は存在しないのです。美活菌がどのような菌なのかについては、腸内フローラ、美肌フローラの働きに関連していますので、各々のフローラの働きと美活菌の働き、さらにそれに着目した商品について、説明します。

美活菌とフローラと関係

現在、美活菌という言葉は、化粧品や便秘対策のお茶やサプリメント等のPRで使用されています。医療・健康・美容などの分野で、細菌の研究は日進月歩で進んでいます。人間と菌の切ることのできない大切な関係について知ることで、美活菌の意義や働きがわかります。人の体は多くの細菌がいます。特に腸内と皮膚、口内には細菌が常に多数存在します。多くの菌の群(あるいは多く菌がバランス良く保たれている状態)は「フローラ」と呼ばれます。語源は英語の「flora」で日本語では「お花畑」の意味です。腸内の細菌は1,000兆個以上と言われ、それを顕微鏡で見ると群生する植物のように見えることから、腸内フローラと呼ばれるようになりました。また皮膚にも多くの常在菌が存在し、そのバランスが肌の健康・美容にかかわっていることから皮膚(肌)フローラ、あるいは美肌フローラなどと呼ばれます。

美活菌はフローラ内でリーダーとなれる菌

話を美活菌に戻します。美活菌は、それぞれのフローラのバランスを保つ、または悪化した状態から良好な状態へ徐々に回復させる菌の総称なのです。便秘が肌荒れの原因となることは、よく知られていて、便秘を改善するためには、腸内の善玉菌を増やす必要があります。これと同様に、肌・皮膚においても常在菌とよばれる多くの細菌が存在し、そのバランスが皮膚バリアと呼ばれる、いわば肌の保湿力や抵抗力を保つ機能があります。美活菌は、そのバランスを保つ、人間にとって悪い菌を抑制し、人間の生命活動に貢献する菌の総称と言っていいでしょう。(したがって、特定の細菌を指し示す言葉ではありません。)美活菌には、人為的に腸内や皮膚に投与することで、腸内や皮膚の環境を改善することが期待される菌もあります。例えば、ビフィズス菌などは、乳製品や薬品で積極的に摂取することが可能です。腸の中や皮膚上の環境におじて、あるいは求められる効果によって投与される美活菌は当然に異なることになります。それは環境や目的・目標によって人から選ばれるリーダー、政治家のような存在なのです。美活菌は万人にとって効果があるとは言えません。(*)政治家は全国民が支持するわけでなく、多数決で選ばれる点でも似ています。

(*腸内フローラのバランスが人間の健康・美容、病気の発症に密接に関わっていて、崩れてしまった腸内フローラをもとの状態に戻したり、理想の状態に変えたりするのは簡単ではありませんし、時間の経過も必要です。崩れてしまった腸内細菌のバランスを整えるため、健康な人の腸内フローラを移植するという治療法に期待が高まっています。逆に言えば、病的なレベルで崩れた腸内の細菌バランスは美活菌の類を摂取することは簡単に解決しないため、腸内フローラ移植という高度な医療技術が研究・開発されたのです。☞https://fmt-japan.org/fmt#title01)

腸内フローラの3つの役割

1.胃で未消化となった食べ物を身体に吸収できる栄養物質へ変えます。
2.腸内の免疫細胞を活性化し、病原菌・毒素などから身体を守ります。
3.腸内の細菌のバランスを保ち、健康を維持します。

代表的な3つの働きは、特定の菌によるものではなく、多数の菌が群で作用することでなされます。
多数の菌は互いに影響しあって、腸内の性質を決定しています。その性質はもちろん永遠のものではなく、食事や生活習慣で変わっていく可能性を秘めています。上記2の免疫作用や病原菌・毒素から腸内および身体を守る作用は、その性質が維持できる範囲であれば働きます。一方で、例えば病原菌が、その腸内の性質を変えてしまうほど強ければ、病気や毒素に負けてしまうことになります。
良い性質を維持するために働く菌である善玉菌、逆に腸の機能を阻害する働きをする菌である悪玉菌があり、善玉菌を増やす菌が美活菌と定義される場合もあります。

腸内フローラは腸内細菌の種類に関係があります。
腸内細菌」は、大きく3つに分類されます。
1.腸内環境に良くする『善玉菌』
代表的なのは、ビフィズス菌や乳酸菌のフェーカリス菌やアシドフィルス菌など。悪玉菌の侵入や増殖を防ぐ、腸の運動を促す等などの働きがあります。

2.腸内環境を悪くする『悪玉菌』
ウェルシュ菌などがあり、腸内で有害物質をつくり出します。脂質や動物性たんぱく質をエサにして増える傾向にあります。悪玉菌が増えると、便秘や下痢など調子を崩します。

3.善玉、悪玉に属さない『日和見菌(ひよりみきん)』
単独の働きはほとんどありませんが、善玉菌・悪玉菌の多い方に加勢する性質があります。

健康な腸においては、ビフィズス菌などの善玉菌が悪玉菌の定着・増殖を抑制しています。
さらに善玉菌は有害物質の排出を促す働きもあります。
ところが、食生活の偏りや乱れ、ストレス、病気などによって腸内の悪玉菌が増えてしまうと悪玉菌がつくりだす有害物質が増え、その排出が間に合わず、便秘や肌荒れやアレルギー、時に下痢などの不調を起こしてしまいます。
善玉菌を増やし、悪玉菌の増殖を抑えて腸内フローラを整備することは免疫を強化し、全身の健康を増進します。「腸活」とは、まさに『腸内フローラ』を整え、維持することを意味します。
「腸は第二の脳」と言われ、腸と脳は、神経を通じて情報交換しています。腸の働きを左右する腸内細菌は、メンタルにも関わります。うつも認知症も、腸内細菌が大きく関わっていることが判明しています。そう考えると腸内環境が悪化する便秘は怖く、侮れません。
腸内における美活菌とは、ビフィズス菌、あるいはビフィズス菌を増やす効果がある菌が該当し、それらを積極的に摂取するための食品・サプリメント等が販売されています。これらの美活菌(EX:ビフィズス菌など)働きによって善玉菌が増えると、日和見菌は善玉菌に同調することとなり、悪玉菌の割合・活動が抑制され、腸内は改善され、腸内フローラが維持されることになります。

腸内フローラにおける美活菌に着目したサプリ

腸活革命は1粒に酪酸菌1,700万個、ビフィズス菌B-3、キトサン、サラシアエキスを配合、さらに話題の酵素、雑穀こうじ酵素、コンブチャ、生酵素を配合しています。ダイエットサプリとして販売されていますが、便秘対策サプリとしての評価は高いようです。

美活菌に着目した腸活サプリ「RF28 インナースキンビューティーフローラサプリメント」



こちらは、腸活から美肌をつくる観点で開発されたサプリ。
キレイになろうとする力を育む美活菌に着目した、「フローラコントローラISR」(特許出願中!)をはじめ、発酵エキスやヒト由来ビフィズス菌、穀物発酵エキス、乳酸菌・ビフィズス菌MIXなど、さらにイノシトール、セリン、ラムノースなど、うるおいを与える美容成分を配合しています。(成分について、さらに詳細な情報はこちら☞RF28インナースキンビューティフローラの成分

 

美肌にも菌がかかわる?皮膚フローラを構成する菌とは?

腸内フローラにおける善玉菌・悪玉菌が注目されるようになってから、皮膚上の菌の群を皮膚フローラと呼ぶようになりました。
皮膚には40兆個の常在菌が存在し、その菌群が皮膚フローラを構成しています。皮膚フローラは多様な菌のバランスが保たれていて、保たれている状態を美肌フローラ、美肌フローラを保つ働きをする菌・あるいは菌の群を総称して(肌、あるいは皮膚上の)美活菌と呼ばれます。
美活菌の代表としては表皮ブドウ球菌がありますが、むしろ個別の菌について善・悪をハッキリ分けるのではなく、多数の菌のバランスが良好な状態と考えるべきとされます。ニキビの原因で悪玉の代表格のイメージがあるアクネ菌でさえ、肌を弱酸性に保つ役割は健康な肌にとっては善玉です。アクネ菌が増えすぎて、活発になりすぎるとニキビの原因となり悪玉化したと考えられます。つまり皮膚上フローラの改善は常在菌バランスを整えることなのです。

肌の美活菌は美肌菌とも呼ばれ、それを定義するなら、美肌菌の定義を説明するなら、「肌にいる常在菌叢(菌の群)」のことです。環境から肌を守るだけでなく、ダメージからの回復を促し、免疫力の保持する、など多くの働きを担っています。

皮膚トラブルと美活菌・皮膚フローラの関係

皮膚フローラは、体調や気候、ストレスで変化し、運動や作業による発汗、洗顔など日常行動でも変化します。またどんなに洗浄しても皮膚フローラがなくなることもありません。
何らかのきっかけで皮膚フローラに変化が起き、その結果、病原性菌が増えるとニキビや湿疹、炎症などトラブルを起きます。このトラブルも皮膚フローラのバランス次第で、回復が早いこともあれば、逆に悪化する場合もあります。したがって皮膚フローラのバランスを整えることが、抵抗力のある肌、美しい肌をつくる基本となります。
皮膚フローラに表皮ブドウ球菌が適切に存在すると、皮脂や汗をエサとして生育しグリセリンや脂肪酸を作り出す、皮膚を弱酸性に保ち、バリア機能を持つ、病原性菌類の増殖を防ぐなど、すこやかで美しい肌を維持できます。表皮ブドウ球菌が美活菌・美肌菌と呼ばれる理由です。皮膚フローラのバランスを整えるには、特に表皮ブドウ球菌を減らさないことが重要です。表皮ブドウ球菌は、皮膚表面や毛穴などの角質層にいますので、角質を無理に剥がすような行為は、表皮ブドウ球菌の減少につながります。たとえば、長時間の入浴、熱すぎる温度での入浴、洗いすぎ、洗顔料・ボディウォッシュなどの使い過ぎ等は、肌トラブルの原因となる可能性があります。また、乾燥すると表皮ブドウ球菌の居場所が減る傾向になりますので、皮膚はアルカリ性になり、皮膚常在細菌のバランスが壊れてしまう原因になりますので、一定の保湿も重要です。

美肌フローラに関わる美活菌に着目したサプリ、化粧品

肌の常在菌、美肌フローラの維持に着目した化粧品は、現在注目されており、オールインワンジェル、ニキビ対策用スキンケア、さらに背中やお尻のニキビやくすみ予防など、いろいろ発売されてきました。下記3商品はいずれも最近発売された注目の商品です。

大人ニキビ用スキンケア化粧品『オルビス薬用クリアシリーズ』



お尻や背中のニキビや黒ずみ・しみの予防に「薬用ヒップジェル・WEEEDブリスジェル」

グリチルリチン酸ジカリウム:肌荒れやにきびを防ぐ効果があり、皮膚を健やかに保ちます。
プラセンタエキス:豊富な栄養素を含み、しみ・そばかすを防ぐ働きがあります。

さらに!
ローヤルゼリーエキスや豆乳発酵液など、
20種ものサポート成分を配合しています。

お尻環境を整えて、しっとり透明感のある触りたくなるお尻へ


タイトルとURLをコピーしました