【メディカルアップ】ミノキシジルは効かないの?M字と「つむじ」には効果ある説について

育毛

毛髪に悩む方の中にはミノキシジルに興味を持たれると思います。ミノキシジルを検討しネット等で調べると、ミノキシジルでAGAは治らない、効かない、髪は生えないとの情報があります。一方で、M字やつむじ周辺の薄毛には効果が期待できるとの見解もあります。新商品「メディカルアップ」を例にミノキシジルは、効くのか?調べてみます。

ミノキシジルは薄毛・AGAに効果があるのか

効果はあります。
理由は、厚生労働省の認可があるからです。
ただし、認可があることは、薄毛・AGAに悩む人のすべてに満足のいく効果があることを意味しているわけではありません。
個人差があります。
バファリンを飲んでも頭痛が治らない人がいる
正露丸を飲んでも下痢が止まらない場合がある
個人差のほか、症状の程度(AGAであれば、進行の程度、毛根の状態など)、原因などによって、効かない人もある、ということです。

厚生労働省は、全く効かないものを認可はしません。
効果があるから、かつ安全性に問題がないからこそ、認可があると考えるのは自然なことです。

ミノキシジルの有効性に関して、わかりやすい動画解説がありましたので、引用します。
(発毛サロンスーパースカルプ発毛セインター吉祥寺駅前店の経営者「りょーすけ先生」のYoutubuです。

【発毛剤】塗るミノキシジルのみでも髪の毛が生えるの?ハゲ治療に有効手段?

この動画で、「AGAの進行度合いにより期待できる効果に差異がある」ことは、下記の図が参考になると思われます。

上記は、ミノキシジル5%配合発毛剤「メディカルアップ」の説明書より抜粋した図です。動画でも説明のあった、進行したAGAは、図中の右2つのパターンで、注)のマークがある状態を指すと考えられ、期待どおりの効果は難しい可能性がありこと、りょーすけ先生は忠告されています。
一方でAGA進行度合いが浅い、M字や「つむじ」周辺の薄毛については、ミノキシジルの継続使用で効果が期待できるとしています。

ミノキシジルとは?

ミノキシジル(Minoxidil)とは血管拡張薬として開発された成分で、後に発毛効果があるとされ発毛剤に転用されました。
「髪を生やす成分」として厚生労働省に認可された発毛剤に「ミノキシジル」が配合されており、日本における認可としては随一の成分です。
ただし、国内認可のない輸入発毛剤が流通しています。これらに認可が無いのは、安全性に問題がある、つまり副作用に懸念があるからです。
また、ミノキシジルについても塗添剤(ローションなど)としての認可のみで、服用(飲用)については、副作用の懸念から認可はありません。通称「ミノタブ(ミノキシジルのタブレット・錠剤)」についても、認可の無い輸入品です。

発毛剤とは

発毛剤とは、発毛を促進する有効成分を配合した、髪の毛が生えていない部分に新たに毛を生やすための医薬品です。「育毛剤」とは、似ているものの異なるものです。

育毛剤と発毛剤の違い

日本皮膚科学会ガイドラインから発毛剤と育毛剤を比較しながら、効果および副作用を整理すると以下のようになります。

発毛剤の効果・副作用

・医薬成分で血行を促進することで細胞に栄養で満たし、発毛を促進する
・毛乳頭細胞や毛母細胞の活性化を活性化させて、新しい髪の生成を促す
・脱毛箇所に新たに髪の毛を生やす
副作用として、発毛剤の副作用
・頭皮のかゆみやかぶれ、さらに服用の場合頭痛や動悸、抑うつ感の可能性あり。

育毛剤の効果

・頭皮を清潔に保ち、かつ保湿を行い髪が育つ環境を整える
・植物成分などで血行を促進し、毛髪を元気に太くする
・薄毛の原因物質の生成を防いで、抜け毛を防ぐ

まとめると、育毛剤が「これ以上の抜け毛を防ぐ」だけなのに対して、発毛剤は「新しい毛を生やす」効果が認められています。その効果を担うのがミノキシジルです。

ミノキシジルの配合割合について(1%、5%)

ミノキシジルを配合した発毛剤は、その配合比率について1%または5%の2種類が主流です。その比率(濃度)が高くなる分、薄毛の改善効果も高くなります。
ミノキシジル配合の発毛剤の代表格である「リアップ」を販売する大正製薬の調査でも、5%の方が、1%よりも「毛の総数」や「太い毛」が増えることが判明しています。

メディカルアップの商品概要



新発売されたメディカルアップの特徴は下記のとおりです。
・ミノキシジルを、国内最大濃度5%配合した発毛剤です。
・同種の発毛剤対比で、コスト的に有利、専用サイト限定特別価格で費用に安く購入できます。
1本3,619円(通常より2,070円お得)。
2本セットならさらにお得な6,500円(通常より4,950円もお得)

メディカルアップの添加成分について(ミノキシジル以外)

メディカルアップに配合された発毛成分は、ミノキシジルのみです。
先述したとおり、発毛剤で国内認可を受けている成分は、ミノキシジルのみであるため、当然ですが、ミノキシジル以外の成分について、下記に記載します。特別に副作用・副反応が心配される成分はされていませんが、ご参考のために記載します。

・エタノール
揮発性一価アルコール)です。化粧品に配合される場合は、
揮発性による清涼作用、抗菌・防腐による製品安定化剤、香料、着色剤などを溶かし込む溶剤または植物エキスなどを抽出する溶媒として使用されます。
なお、一価アルコールは高い吸湿性と保水性をもっているため化粧品に汎用されている保湿剤です。

・1,3-ブチレングリコール
多価アルコール(*二価アルコール:グリコール)で、保湿剤としてベタつきが少なくグリセリンに比べて使用感が軽いことから非常に汎用されている保湿剤です。
*多価アルコールとは、2個以上のヒドロキシ基(水酸基:-OH)をもつアルコールを指し、水酸基の影響で非常に高い吸湿性と保水性をもっているため化粧品に最も汎用されている保湿剤です。

・プロピレングコール
酸化プロピレンに酸触媒下で水を付加し、精密蒸留して得られる多価アルコールで、グリセリンに似た特性を示しますが、グリセリンよりも粘度が低くさっぱりした感触で使用感に優れた保湿剤です。皮表の柔軟化および水分量増加による保湿作用を目的としています。スキンケア化粧品、メイクアップ化粧品、洗浄製品、ヘアケア製品、染毛剤&カラー剤、洗顔料&洗顔石鹸、ネイル製品、香水など様々な製品に使用されています。

・ph調整剤
一般に洗顔料や美容液・ローションなどは、pH10程度のアルカリ性のものが多い傾向にあり、肌に直接触れるためにそのままでは、肌がアルカリ性に傾き、本来の弱酸性に戻るまでに、数時間を要すことにあります。(敏感肌や乾燥肌などの肌質によっては弱酸性にもとるまでに数倍要す場合もあります。)肌は弱アルカリ性に傾いているとき、外的刺激や菌に弱い状態となり、それを防ぐためにph調整剤が使われます。また、美容液やローション自体の酸度を保つことで、製品そのものの分離や劣化を防ぐ目的もあります。

なお、これらの添加物に関するご説明は、化粧品成分オンラインhttps://cosmetic-ingredients.org/
に準拠して記載しています。中立から根拠に基づく成分情報を伝える化粧品成分データベースより

メディカルアップのメーカー

株式会社はぴねすくらぶ
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-14-19
株式会社はぴねすくらぶ は、育毛剤「柑気楼」を開発した会社でもあり、ヘアケア製品のほか、健康サプリメント、美容・コスメ、食品、健康器具などを取り扱う会社です。育毛分野では30年の実績があります。
株式会社はぴねすくらぶ ホームページ

メディカルアップを限定特別価格(最安値)で購入するには

こちらから専用サイトにアクセスできます。


ご参考:メディカルアップの競合商品は

ミノキシジル5%配合の発毛剤は下記があります。
写真は、クリックするとAmazonサイトに移ります。

【第1類医薬品】リアップX5プラスネオ 60mL ¥7,752

【第1類医薬品】スカルプD メディカルミノキ5 60mL ¥7,800

まとめ

ミノキシジルは、国内で認可された随一の発毛成分であり、その配合比率は5%が限度で、複数の発毛剤が販売されています。
その中で、メディカルアップは、現在(2021年2月現在)、限定価格で販売されており、価格競争力はあるといえるでしょう。
効果については厚生労働省の認可がある一方で、「効かない」と断言する見解には根拠がありません。
ただ、薄毛に悩む方万人に効果があるわけではなく、慎重に検討しましょう。
ご参考になれば、幸いです。

タイトルとURLをコピーしました