セルメソッドエンリッチプレミアムってスゴイ。ヒト幹細胞&ナイアシンアミドをW配合

アンチエイジング

加齢と戦う女性(アンチエイジング)の最大の敵(笑い)は乾燥、シワ、シミ、くすみ、たるみですね。こうした年齢肌(エイジング)ケアに話題のヒト幹細胞培養液と厚生労働省が認めるシワ改善効果をもつナイアシンアミドなどを配合した最先端コスメをご紹介します。今なら初回62%OFFでお試しできて、しかも回収縛りありません。
ここではヒト幹細胞培養液と有効成分「ナイアシンアミド」の効果を中心にご説明します。

「セルメソッドエンリッチプレミアムセラム」の特徴

・ヒト幹細胞培養液を配合したエイジングケア美容液です。
・さらに、厚生労働省が「シワ改善」を認めているナイアシンアミド配合です。
・シワ、シミ、くすみ、さらに、毛穴の開きや黒ずみ、ほうれい線、たるみ、などの年齢肌の悩みを持った女性のための美容液です。
・もちろん、乾燥肌対策としても有効で「プロテオグリカン」「ブルーエラスチン」の配合により、保湿(うるおい)とハリ・弾力をある肌に導きます。
・ヒト幹細胞培養液とナイアシンアミドを一つの美容液に配合したことは画期的です。

評判・口コミ

Amazonの販売ページの口コミが参考になります。
Amazonにおける口コミ77件のビュー

今、シワ・シミ対策が重要視されるのは、マスクのせい?

マスクの着用時間が増えると、目の下のシワが増える可能性がある、との指摘があります。
最近のマスクは、顔に密着するように設計されており、その結果、マスクのワイヤーや布が頬を押し下げる作用があります。
それが、目の下や目尻にも影響があるため目元のシワにつながることが心配されます。
また、マスクと肌の摩擦の問題もあります。

身に着ける衣服・下着で締め付けがある場合、肌が擦れてかゆみや色素沈着の原因になりますが、マスクも1日の着用時間が長くなると、肌とマスク布の摩擦が継続している状態となります。マスクは肌のムレの問題もあり、摩擦とムレは乾燥を引き起こし、肌にはダメージとなり、その繰り返しはシワやたるみにもつながる可能性がある、とされます。

こうした背景に化粧品会社は、シワ対策に一生懸命です。
いろんな商品が競って発売される中、、注目されているヒト幹細胞培養液とナイアシンアミドをW配合した「セルメソッドエンリッチプレミアムセラム(長いね。覚えられないわ。)は画期的かも。

ヒト幹細胞培養液って何なの?なぜ肌にいいの?

NANOAの特徴は、ヒト幹細胞培養液を高純度で配合している点です。ヒト幹細胞培養液って最近よく聞きますが、なぜ年齢肌に効果があるのでしょうか?端的に言うと、従来の美容は「添加型」、ヒト幹細胞培養液による美容は「再生活性化美容」であり、再生医療のノウハウを美容分野で活用していることがポイントです。

配合されているヒト幹細胞培養液とは?その働きは

ヒトの脂肪細胞から取り出された幹細胞を培養する際に分泌された液です。
幹細胞はすごく簡単に言えば、あの有名なIPS細胞のことで、IPS細胞を培養時に得られる液なのです。有名な京都大学の山中教授がノーベル賞を受賞した研究成果の応用でもあります。)
培養液は多くの成長促進因子(グロースファクターとも呼ばれます)を含み、その数は500種類以上です。成長促進因子は、体内において、特定の細胞の増殖や分裂を促進するタンパク質を指します。例えば、皮膚、血管、毛根など、それぞれの細胞でそれぞれの「成長促進因子」が再生を担っています。それぞれ細分化された細胞ごとに成長促進因子があるため、その種類は500以上にもなるわけです。
セルメソッドエンリッチプレミアムセラムは成長促進因子としてEGFとFGFを配合しています。
EGFは上皮増殖因子とされ、皮膚のターンオーバー(皮膚の細胞増殖・新陳代謝)を促進し、くすみ、ごわつきを軽減すます。
FGFはコラーゲン増殖因子とされ、保湿を促しツヤを強化します。
また、培養液には、組織を構成するコラーゲンやヒアルロン酸やサイトカインなど多種多様なタンパク質等の成分が含まれ、栄養を補給する意味で、従来型の「添加型美容」の効果も期待できるとされています。

抗シワ成分「ナイアシンアミド」を配合

「ナイアシンアミド」は厚生労働省が認可したシワ改善の有効成分です。厚生労働省の認可のあるシワ改善成分としては、この他に「ニールワン」「純粋レチノール」があり、実はこの3つしかないのです。
「シワ改善」と「美白・シミ対策」の両方の効能効果が認められた有効成分『ナイアシンアミド』は年齢サインが定着しやすい目もと悩みを改善し、ハリとツヤを与えます。

ナイアシンアミドの詳細

別名はビタミンB3で、ニコチン酸アミドとも呼ばれます。科学的に裏付けされた有用性があり、シワの改善、バリア機能改善作用、ブルーライト・ポリューション(*)からの保護、美白作用(色素沈着抑制作用)などの効果があります。現在、シワの改善と美白を目的に多くの高級化粧品に配合されています。
たとえば、世田谷自然食品が大々的にコマーシャル展開しているシワ改善クリーム「SEAC(シーク)」リンクルクリーム(2カ月分定価8,000円☞シーク シワ改善クリーム)や桃谷順天館が展開するRF28ブランドの「Wエフェクトアイクリーム」☞【RF28 Wエフェクト アイクリーム】

は、共に主成分にナイアシンアミドを採用しています。

*ブルーライトポリューションへの対処については、化粧品各社が注力しています。大手の資生堂も、太陽光強度のブルーライトが肌に悪影響を与えることを確認し、対処方針をホームページで発表しています。太陽光中のブルーライトは、室内の照明やパソコンやスマートフォンなどから発せられるブルーライトと比較して、圧倒的に強度が高く、肌に酸化ストレスを与え、皮膚中の肌トラブルの原因となる成分(過酸化脂質)を増加させます。
(参照:(株)資生堂2020年09月11日発表の肌に対するブルーライトの影響

ヒト幹細胞培養液、ナイアシンアミドの他にも充実した成分を配合

「プロテオグリカン」「ブルーエラスチン」 「ヒトオリゴペプチド(EGF,FGF)」
「ヒアルロン酸」「3種のセラミド(セラミドNG,NP,AP)」を配合しています。

プロテオグリカンとは?その働きは?

プロテイン(たんぱく質)とグリカン(多糖)の複合体です。
中心となるコアたんぱく質に多数の糖鎖が結合した構造をしていて、糖鎖と糖鎖の間に水分を保持する働きがあることから保水性に優れています。
美容、健康の両面で多くの機能性を持つ素材として評価される一方、弘前大学の研究成果から生まれた地域健康素材が産官学連携により地域の産業育成や市場創出に貢献したプロジェクトとしても高く評価されています。「細胞のよみがえり因子」と称されるEGF(上皮細胞増殖因子)と似た作用があることもわかってきています。

ブルーエラスチンとは?その働きは?

マグロの生命力の源、心臓の動脈球より抽出された海洋性エキスです。肌を引き締め、ハリや柔軟性を与えます。また、高い保湿作用を兼ね備えています。

ヒトオリゴペプチド(EGF,FGF)とは?その働きは?

成長因子(=グロスファクター)で、動物の体内において、特定の細胞や分化を促すタンパク質の総称です。
EGFは表皮細胞成長因子で、ターンオーバーを司る表皮幹細胞に指示を出し、表皮細胞を増殖させる働きをしています。細胞の生まれ変わりを促進するわけですから、シミやくすみ、ゴワつき改善への効果が期待されます。
FGF線維芽細胞成長因子で、真皮の中にある成長因子で、真皮幹細胞に指示を出し、線維芽細胞を増殖させます。肌の弾力を保つのに必要なコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸、SOD(抗酸化物質)などを活性化。その結果、シワやたるみの改善が期待されます。

肌への影響を配慮したこだわり

化粧品やスカルプエッセンスなどに防腐剤(パラベン、エタノール、フェノキシエタノールなど)は、一般的に使用されていますが、敏感肌への配慮から一切使用されていません。
一方で、複数の保湿剤に含まれる抗菌成分のバランスで防腐力を実現しています。
6つのフリー(アルコール、防腐剤、香料、鉱物油、石油系界面活性剤、合成着色料)を実現しており、とても肌に優しい美容液です。
また、安心安全の日本製で製造から出荷まで徹底した品質管理が行われています。

こんなお悩みにおすすめします


・目もとにハリがなくなり、老けてみられる
・目もとに表れているシワを改善したい
・目もとに濃く広くあらわれるシミを予防したい
・おでこ、ほうれい線、眉間にシワが刻まれている
・乾燥しやすく細かいシワができやすい
・口元のたるみが気になる
・乾燥による小じわにも対応します。
・年齢が出やすい、口もと・おでこ・眉間のシワにもお使いいただけます。
・紫外線やブルーライトのダメージによるシミからも肌をガードします。

セルメソッドエンリッチプレミアムセラム使い方


朝晩2回、洗顔後すぐ、あるいは化粧水を塗った後のお肌にご使用ください。
1プッシュ~2プッシュ程度、特に気になる部分や肌悩みのある部分には
重ね付けします。
手を合わせて美容液を温めてから肌につけるとさらに浸透が良くなります。

Amazonで購入出来ます。
Amazonにおけるユーザー評価も上々ですね。

タイトルとURLをコピーしました