コレステロールを短期間で下げるサプリメント選び「オメガ3,ヒドロキシチロソール、ナットウキナーゼ」

ヘルスケア

秋から冬にかけて、企業における健康診断が大詰めを迎え、その結果に一喜一憂するシーズン。30代を境に、「一憂」が増えますね。中でもコレステロールの数値は「気になる数値」の代表格。この記事は、コレステロールが高めで「何とかしたい!」に読んでいただきたい「コストを抑えて、簡単に、短期間でコレステロールを下げる方法」です。

コレステロール値を改善はサプリメント服用が一番簡単で確実

現在、コレステロール値を改善する機能性表示サプリメントが多数販売されています。
これを利用することが、一番簡単で短期間で効果が得られます。

サプリメント利用をおすすめする理由

コレステロール値の悪化の原因は、複数の可能性があり、食習慣、アルコール、喫煙、運動不足、ストレス、体質・遺伝などがあります。原因に応じた生活習慣の改善をすすめることは、自身の健康にとって非常に重要なことです。しかしながら、実際に効果を出るほどの取組を実行し継続することは、簡単ではありません。仕事や嗜好によって取組が滞りがちになることも十分あり、途中であきらめてしまうこともあるかもしれません。
まず、はじめるには、簡単で継続できるものをしっかり実行すること、それが重要で、かつ効果をあげるポイントです。サプリメントはそれに適っているのです。
ただし、値段はいろいろで、配合成分もマチマチですから、選び方をまとめます。

なお、食事や運動など生活習慣の見直しは、健康のためには極めて重要であることは言うまでもありません。サプリメントを利用しながら、徐々に無理せずに生活習慣を見直し、実行してきましょう。(後述します。)

サプリメント選びのポイントとなる成分・オメガ3、オリーブ油エキス、ナットウキナーゼ。

コレステロール値を改善するためには、食事の見直し・改善が必須となります。そのためには積極的に摂取したい食材、避けたい・量を減らしたい食材があります。ただ、これらを日常生活でコントロールすることは、簡単ではありません。昼食が外食になる、あるいは嗜好や手間などの影響があるからです。
サプリメント選びでは、コレステロール値改善のために積極摂取したいが、通常の食事で摂取しにくい成分を配合しているモノを選びます。その代表的な成分を列挙します。

オメガ3

オメガ3とは、(ω-3)とも表記されます。
一般に青魚はコレステロール対策に良いと言われますが、その根拠となる成分がオメガ3です。
具体的には、魚油に含まれているDHAやEPAのほか、エゴマや亜麻種子などの植物油に含まれているα-リノレン酸などの脂肪酸などをひっくるめて、オメガ3と。
栄養学では「必須脂肪酸」と呼ばれ、健康のために意識して摂るべきとされています。
血流改善やコレステロール値の低下、アレルギー抑制など幅広い効果があります。
オメガ3系脂肪酸であるEPAやDHAは、 マグロ・サバ・サンマ・イワシなどの青魚やサケに多く含まれます。ただ、青魚は肉よりも食べる機会がすくなく、匂い(香)を嫌い人もみられるため、サプリメント利用で、継続的に摂取できます。

イワシエキスの効果

イワシエキスの効果

参考:NHK「ためしてガッテン」オメガ3に関するコレステロール改善に関する雑学

必須脂肪酸 オメガ3とオメガ6のバランスが健康には大事
(左から、飽和脂肪酸・オメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸・オメガ9脂肪酸)
オリーブ油に菜種油、さらに流行りのアマニ油など、世の中には実にたくさんの種類の油があります。実は、どんな油も脂肪酸と呼ばれる成分が組み合わさって出来ています。それは、主に4種類。飽和脂肪酸(バターなどに豊富)、オメガ3脂肪酸(魚やアマニ油・エゴマ油に豊富)、オメガ6脂肪酸(大豆油やコーン油などに豊富)、オメガ9脂肪酸(オリーブ油などに豊富)です

この中で、私たちの健康を守る上で絶対に欠かせないのが、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸。どちらも、全身の細胞膜の材料になるなど、とても重要な働きをしています。でも、どういうわけか、人体の中で作り出すことはできません(ほかの脂肪酸は体内で作ることができます)。そのため、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸は、どちらも食品から必ず摂らないといけません。このことから、「必須脂肪酸」とも呼ばれています。

●ω(オメガ)-6を含む食品
ω(オメガ)-6は、大豆油、コーン油、ゴマ油といった植物油に多く含まれています。
以前は、「動物性脂肪を植物性脂肪に置き換える」という食事指導がされていましたが、現在の日本人はもともと植物性脂肪を料理に使うことが多く、脂肪はカロリーも多いことから摂り過ぎには注意が必要です。
日本人の食事摂取基準では、1日の目安量は成人男性(30~49歳)が10g、成人女性(30~49歳)が9gとなっています。
文明が招いたオメガ6の過剰に
一体、なぜ人類だけがオメガ6が過剰になったのでしょうか?アメリカ・ハーバード大学医学部の心臓専門医、グレゴリー・トーマス博士によると、その起源は3500年ほど前の古代エジプトに遡るといいます。実は、このころから、家畜の穀物肥育やごま油などの食用油作りが始まっていました。今でいうフォアグラのようなものも作られていたそうです。

ミイラの大規模調査から、脂のたっぷりのった家畜の肉などを食べていたと思われる王族から重症の動脈硬化の跡も発見されています。グレゴリー・トーマス博士は、エジプトの王族もオメガ6過剰に陥っていたのではないかと推測しています。興味深いことに、魚類やテンジクネズミという草食の野生のネズミなどを食べていたペルーの王族のミイラからは、エジプトの王族のような動脈硬化があまり見つかっていないのです。

(古代エジプト王族はオメガ6脂肪酸のとりすぎだった!?)
栄養学が専門の宮城大学・石川伸一教授によると、現代の私たちの食生活は古代エジプトの王族のようなものだとのこと。油をたっぷり使ったおいしいものに囲まれています。これからは、どんな油をどう摂るか、正しい知識を身に着けて自ら考えて油を選ぶ時代になるのかもしれません。

オメガ3:オメガ6 1:2を目指すには?
では、どうしたらオメガ3:オメガ6の比率を1:2に近づけられるのでしょうか?石川教授によれば、現代の食生活でオメガ6を減らすのは難しいため、オメガ3を増やす作戦が良いとのこと。日本人なら、昔から食べてきたイワシ・サンマ・サバのような青魚がオススメで、魚が苦手な方はアマニ油やエゴマ油を使うのも有効です。

(オメガ3脂肪酸摂取にオススメは青魚)

健康には必須脂肪酸「オメガ3」「オメガ6」が

ω(オメガ)-3の健康効果
◎血流を改善する効果
◎生活習慣病を予防する効果
◎脳や神経に対する効果

ヒドロキシチロソールなど植物性ポリフェノールの効果

植物の葉などから抽出されるエキスには、抗酸化作用をもつポリフェノールの類が豊富に含まれていて、それらの健康効果や美容効果が期待され、サプリメントや化粧品・美容系の医薬部品に使用されています。
コレステロールを下げる効果が期待されるポリフェノールを2つご紹介します。

ヒドロキシチロソール

別名オレウロペインで、オリーブの葉から抽出されたエキスに含まれるポリフェノールの一種で、抗酸化力が大変高く、コレステロールが体内で酸化することを防ぎます。他にも抗菌・殺菌効果や美肌効果があるといわれています。
ヒドロキシチロソールの効果



●ヒドロキシチロソール の安全性
ヒドロキシチロソールの安全性

プロシアニジン

松樹皮由来プロシアニジンは、カカオや黒大豆,シナモン,ナッツ,アップル,グレープシード(皮)などの食品に多く含まれています。サプリメントでは、松樹皮由来のプロシアニジンを採用している商品もあります。総コレステロールや悪玉(LDL)コレステロールを下げる機能があります。
プロシアニジンの効果
こちらのサプリメントは、プロシアニジンを含有したサプリメントです☟


ナットウキナーゼの効果

ナットウキナーゼとは、納豆菌がつくり出すたんぱく質を分解する酵素のひとつで、その名も納豆が由来です。
ナットウキナーゼには、血栓を溶かしやすくする働きがあります。
現代人は、食事や生活習慣などによって、血液中でコレステロールや中性脂肪が増加し、血液がドロドロの状態になりやすいと言われます。血液が血管の中でつまりやすく、脳卒中や心筋梗塞になる可能性が高くなります。ナットウキナーゼの血栓を溶かしやすくする働きによって、血管を詰まらせる原因を未然に防ぐことができます。
ナットウキナーゼの効果

サプリメントに配合された成分のまとめ

オメガ3と呼ばれる脂肪酸、ナットウキナーゼの酵素は直接的に摂取できず、青魚や納豆を食すことが必要です。これらが嫌いであれば、サプリメント無しに継続的に摂取することはできません。またポリフェノールを含むオリーブ葉や松樹皮などは食べることはできず、サプリメントに配合されたエキスだからこそ、摂取できます。
これらを日常生活でカンタンに摂取できるサプリメントに、コレステロール値の改善効果が期待されます。

「コレステロック」のコレステロール改善効果、成分と口コミ、最安値と調べてみた。

参考:コレステロール数値の判断基準
https://www.sunstar-shop.jp/column/article/20191015.html

2.コレステロール値を下げる対策4つ

食べ物、飲み物、運動、サプリメント

コレステロール値の異常の原因は、生活習慣の蓄積、あるいは体質または病気と言われます。
病気の場合は、当然に医師の診断と治療を最優先するしかありません。健康診断で、コレステロール値の異常が見つかったケースの多くは、生活習慣の蓄積が原因と考えられ、その習慣とは、食事や飲酒・喫煙・運動不足・ストレス・睡眠不足があげられます。
コレステロール値の異常が病気や体質ではなく、生活習慣の蓄積によって数値が変わったのであれば、その生活習慣を変えれば、数値は正常に戻ります。
早く対策を打てば、早く正常に戻ります。
見直すべき生活習慣は、抜本的に大胆に行えば、より効果が出ます。
でも、あれもおこれも全部見直すのでは、ストレスが増えますでの、できるものから着実に実行していくことが大切です。何もしなければ、数値は悪く成る一方、と考えられます。
その中で、誰もが取り組みやすく、また取り組むべき対策を4つ例示します。
それは、食事・飲み物・サプリメント・運動です。
(ただし、喫煙た飲酒も健康のため、やめる、あるいは節制することが重要であることは言うまでもありません。)
(1) 食べ物
コレステロール値を下げる食品とは?
脂質異常症の原因となる悪玉のLDLコレステロールはどのように減らしていけばよいでしょうか?

脂質異常症にならないために、バランスのよい食事を目指しつつ、食物繊維や大豆タンパクを積極的に摂取しましょう。
できるだけ多種の食品を毎日少量ずつ摂ることで、5大栄養素(タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル)をバランスよく摂取することが、コレステロール値を正常に保つコツです。

そのうえで、食物繊維や豆類など、コレステロールを下げる食材を積極的に摂るよう心がけましょう。
コレステロール値を下げるには、食物繊維、豆類、緑黄色野菜が有効
コレステロール値を下げるには、1日25~30グラムの食物繊維の摂取が効果的です。

目安は、野菜350グラム以上、果物200グラム、いも類100グラム程度。さらに穀物、海藻などもしっかり摂るようにしましょう。食物繊維にはコレステロール値を低下させ、糖質の急な吸収を抑える効果があります。

豆類や大豆製品もお勧めです。大豆タンパクがLDLコレステロール値を低下させます。
緑黄色野菜は、食物繊維が摂取できるだけでなく、抗酸化作用のあるβ-カロテン、ビタミンC・E がたっぷり含まれ、動脈硬化の予防にも効果的です。
●青魚
●納豆
●ナッツ類(ビタミンE、オレイン酸)
●そば(リノール酸)
●玉ねぎ
●トマト
●海藻
●酢のモノ

(2)飲物
●緑茶
美容成分に使用されることに加えて、緑茶は血液中の悪玉コレステロールを下げるのに有効であることが明らかに証明されました。これは、緑茶にはカテキンとLDLを下げることができる抗酸化化合物が含まれているためです。紅茶もコレステロールを下げるために消費することができますが、これは緑茶ほど良いものではありません。

●緑茶が苦手な場合は、プーアル茶がおすすめ
コレステロール値を下げる薬と同じ「スタチン」という成分を含み、さらにカテキンやポリフェノールなどコレステロール値の改善に有効な成分も含んでいます。

●豆乳

大豆は低飽和脂肪を含む食品です。従って、この食品は、クリームまたは高脂肪乳の代替として使用することができます。米国食品医薬品局(FDA)は、心臓病のリスクを減らすために1日あたり25gの大豆タンパク質を消費するよう人々に勧めています。さて、あなたはコレステロール値を下げるために豆乳の250mlの消費とそれを置き換えることができます。

●小麦ミルク
小麦ミルクもコレステロール低下であると考えられています。.その理由は、オーツは腸内のゲル状物質を作り、胆汁塩と相互作用するβ-グルカンを含んでいる。この反応は、コレステロールの吸収を減らすことができます。.

●トマトジュース
トマトはリコピンと呼ばれる化合物が豊富です。この化合物は、脂質を増加させることができます (脂肪) レベルと低悪玉コレステロール (LDL).さらに、研究は、ジュースにトマトを処理すると、そのリコピン含有量を増加させることができることを示しています。

●ピュアチョコレートドリンク
ココアはダークチョコレートを作る主成分です。ココアには、コレステロール値を下げることができるフラバノールと呼ばれる抗酸化物質があります。

(3)運動
運動は、有酸素運動に効果が有ります。
筋トレなどは、直接的な効果は薄いと言われるが、筋肉をつけることで、基礎代謝を上げる意味では、効果はあります。ただし、極めてゆっくりの効果であり、即効性はほとんどありません。なぜなら、筋トレによって実際に筋肉がつき、基礎代謝が向上するには、短くとも3カ月、標準で半年はかかるからです。
なので、有酸素運動、たとえば速めのウォーキング、ゆっくりのランニングなどです。

(4)サプリメント
上記に記載した通りです。
食事や飲み物を効果的になものに変える、運動不足を解消する、これら生活習慣の改善は一朝一夕にはできません。
だからこそ、サプリメントから始めましょう。

コレステロール基準値

まとめ

健康診断で、数値の異常が見つかると、生活習慣の改善指導・アドバイスを受けると思いますが、実際に実行し継続することは、難しい。
早く効果を出すために、サプリメントをはじめ、徐々に生活習慣を改善していくことできっと数値も良くなることでしょう。

特におすすめは、オメガ3を含有するイワシエキス、オリーブ葉由来のヒドロキシチロソール、さらにナットウキナーゼの3つをすべて配合したコレステロックです。
ヒドロキシチロソールは、美肌効果もあるため、アットコスメにおける女性の口コミも好評です。(@コスメの「コレステロック」の口コミ


タイトルとURLをコピーしました