誤解の多い低用量ピル・アフターピル、購入はジェネリック通販が便利でお得

ヘルスケア

誤解の多い低用量ピル・アフターピルはジェネリック通販が便利でお得

価値観が多様化する現代においても、性交渉は大切な時間であることは否定できませんね。ただ、なかなか思い通りにいかないのも事実で、パートナーのキャラクターや関係から、すべてを意のままにコントールすることは難しいものです。うっかりの避妊失敗は、その生活に大きな影響があります。リスク管理と日々の充実のために、低用量ピル・アフターピルの使用も選択肢になります。

目次

低用量ピル・アフターピルは便利な薬

・低用量ピルとは主に2種類の女性ホルモンによって作られている薬剤です。
避妊法の中でも、特に避妊効果・安全性に優れていると言われ、毎日1回服用をすれば99%以上の確率で妊娠を防ぐことができます。
・アフターピルの特徴は、その名のとおり、「事のあと」に対処できることがポイントです。
基本的な仕組みは、妊娠につながるホルモンをコントロールすることで、避妊します。
・ピルには一部に誤解があり、誕生するはずの生命あるいは細胞を無かったことにする薬ではありません。医薬品であり、使用に躊躇する方もある一方で、ライフスタイルからこの便利さを活用しない手はない、と考える方もあります。
一般的に、病院で処方してもらうべき、との意見もあることは事実です。
ただし、これは日本独特の現象で、良し悪しは別として医療・薬事行政の影響と考えられます。)
一方で、通信販売によって海外のジェネリック医薬品を購入することも可能で、病院の処方に比較すると、病院へ行く手間もかからず、格段に安いコストで済むため、活用している方もあります。

医薬品であり、副作用などの事前確認は自己責任でしっかりと

ジェネリック医薬品の通信販売を利用することについての否定的な意見は、副作用です。
副作用には個人差があり、副作用は必ず発症するわけではなく、可能性の問題です。
そもそも副作用は、頭痛薬や胃腸薬、すべての薬に言えることであり、低用量ピル・アフターピルに限定されるわけではありません。また、アフターピルの種類によっても副作用は異なります。
言い方を変えると、病院で処方されたから、副作用がないわけではありません。医者であっても副作用をコントロールすることはできません。結局、重要なことは、購入・使用前に確認すべきこととて、まず禁忌(アレルギーや持病などのために、避けるべき)に該当するか、次に副作用の症状との発生の可能性について、十分に理解し、可能な限り副作用が起きた場合について、対処方法なども考慮しておくこと、なのです。

避妊用ピルのあまり知られていない事実

くり返しになりますが、避妊用ピルは、欧米やアジアの先進国ではかなり普及しており、値段も日本より安く、医者にかからずとも購入できます。日本では普及していないことが原因であまり知られていないことがあります。
1. ピルの避妊性能は非常に高くコンドームよりも、避妊の失敗の確率は少ない。
低用量ピルの妊娠予防率は99%、アフターピルは85%、コンドームは82%というデータがあります。
2.海外では、処方箋によらない避妊用ピルは普及している。
日本では、8割がコンドーム、膣外射精が2割。
ところが、コンドームには事故的な失敗(破れる、こぼれるなど)の可能性もあるし、膣外射精にいたっては、避妊法としては機能しないとの見方もある。
一方で、欧米では、医師の処方箋によらず、アフターピルの購入ができる国が多く、しかも値段も安い。日本では処方に(つまり病院での)購入が前提であり、値段も高い。だから普及しない。性交渉の頻度やパートナーの理解などのほかに、医薬行政の違いがアフターピルの普及度合いの違いになっている。

3.ピルのジェネリックを通販で買う場合の副作用リスクを指摘されるが、女性が自分のコントールで妊娠リスクを回避するためには、有効な手段であり、これを利用しない場合のリスクが論じられないことは、ある意味ナンセンスである。
つまり、避妊の失敗(コンドームの破損なども含む)による望まない妊娠とピル副作用のリスク、どちらが怖い、避けるべきか?があまり考えられていない。
*この低用量ピルアフターピルの普及の是非に関しては、大人の正しい性教育や女性が自らを守るためも避妊手段も含めた興味深い記事があります。
参照リンク☞女子ももっと自分で避妊したいのに日本では認められていないのはなぜ?
オトナの性教育【その時、緊急避妊薬が必要だった理由】
4.低用量ピルはPMS(月経前症候群)の改善にも有効です。PMSは生理前のホルモンバランスの変化による心身の不調。毎月生理前になるとイライラ・体重増加・頭痛や下腹部痛などの症状は辛いものです。低用量ピルはホルモンバランスが安定させる効果もあるため、PMSの症状が緩和されます。その他、低用量ピルには子宮内膜症の予防改善、更年期障害の予防改善、難治性ニキビ(ホルモンバランスが原因の大人ニキビなど)の予防改善、卵巣がんや子宮体がんの予防(リスク低下)、卵管炎などの感染症予防といった治療効果もあります。

人気のあるピル

アイピル

もっとも普及しているアフターピルの1つで、有効成分のレボノルゲストレルを含有した緊急避妊剤です。日本で取り扱いされているノルレボと同じ成分であり、心配はありません。
一時的に黄体ホルモンの体内濃度を上昇させることにより排卵を抑制し、また子宮内膜の増殖を抑えることで受精卵の着床を防ぐ、子宮内に精子を入りにくくすることにより、性交後に緊急に妊娠を防ぎます。

アイピルの飲み方

性交後72時間以内に服用します。
コンドームの破損なども含めて、避妊に失敗した場合に有効です。「持っておけば安心」と、お守り代わりに購入しておく方もあります。

マーベロン

周期を通してホルモン含有量が一定な1相性の低用ピルです。
デソゲストレルとエチニルエストラジオールが含まれており、この2種のホルモンを定期的に服用することで排卵に必要なホルモン(LH、FSH)の分泌量が減り、排卵が起こらなくなります。同時に、子宮頚管粘液の粘度が上昇することで精子が子宮内へ入りにくくなります。また、子宮内膜が受精卵を着床しにくい状態に変化します。このような作用により妊娠を防ぎます。

マーベロンの飲み方

1相性ピルのため服用方法が簡単です。
21日間ピルを服用し、続けてその後7日間は偽薬(プラセボ錠)を服用します。
休薬期間を設けずに繰り返し投与できるため飲み忘れを防ぎやすくなっています。

ヤスミン

デソゲストレルとエチニルエストラジオールが含まれており、この2種のホルモンを定期的に服用することで排卵に必要なホルモン(LH、FSH)の分泌量が減り、排卵が起こらなくなります。同時に、子宮頚管粘液の粘度が上昇することで精子が子宮内へ入りにくくなります。また、子宮内膜が受精卵を着床しにくい状態に変化します。このような作用により妊娠を防ぎます。

低用量ピルは太りやすくなる、浮腫(むく)みが出ることがある、などの副作用があることを敬遠する人もありますが、ヤスミンは、こうした症状が比較的少ないことが特徴です。
また、生理前に悩まされていた肌荒れやニキビが出にくくなるというメリットもあります。

ヤスミンの避妊以外の効果

✓太りにくい、むくみにくい
✓肌がツヤツヤになる
✓体毛が自然に薄くなる
✓生理前、穏やかに過ごせる
イライラ・眠気・むくみ・だるさといった、典型的なPMS(月経前症候群)症状も軽減できるのでで快適な毎日をサポートします。

ダイアン

有効成分として酢酸シプロテロンとエチニルエストラジオールを配合した低用量ピルです。
避妊効果に加えて、ニキビ(特に脂漏症や炎症または結節の形成を伴う、中程度から重度のもの)、体毛が濃くなる(多毛症)など、女性におけるアンドロゲン(男性ホルモン)依存性疾患の治療に使用されています。
ポイント:避妊だけでなくニキビや多毛症などの悩みを解消!
肌のメンテナンスを重視して使用している方もあります。
また、バストアップ効果があるとも言われています。(個人差あります。)

トリキュラー

日本で販売されているアンジュと同じ成分・配合で、世界的に有名な低用量ピル。ただし添加成分や製造過程などに僅かな差があるため完全100%同じ薬とは言えません。 トリキュラーで副作用が現れるけどアンジュだと現れないといったこともあり得えます(もちろんその逆も)。
もともと整理や妊娠はエストロゲンとプロゲステロンのホルモンバランスの変化により成立します。そのバランスを薬の効果で変えることで避妊します。


トリキュラーなどの低用量ピルは排卵を抑制することで卵巣や子宮の負担が減り、ホルモンバランスが安定します。そのため避妊以外にも素晴らしい効果があります。
まず、低用量ピル服用中は生理が軽くなります。生理痛や出血が減り、生理期間も短くなる傾向があります。 そのため、低用量ピルは月経困難症(重い生理痛や出血量が多いなど)の治療にも多く用いられます。 生理周期が安定するため旅行などイベントの予定を立てやすいなどというメリットもあります。

また、低用量ピルはPMS(月経前症候群)の改善にも有効です。PMSは生理前のホルモンバランスの変化による心身の不調のことですが、毎月生理前になるとイライラ・体重増加・頭痛や下腹部痛などの症状に悩まされる女性は少なくありません。 低用量ピルによってホルモンバランスが安定するとPMSの症状が緩和されます。

その他、低用量ピルには子宮内膜症の予防改善、更年期障害の予防改善、難治性ニキビ(ホルモンバランスが原因の大人ニキビなど)の予防改善、卵巣がんや子宮体がんの予防(リスク低下)、卵管炎などの感染症予防といった治療効果もあります。

アフターピルの失敗例を予習しておきましょう

緊急避妊薬であり、最後の避妊手段ともいわれるアフターピル。ですが、そんなアフターピルでも避妊に失敗することがあります。今回はアフターピルの失敗談をまとめました。

72時間の壁:間に合わなかった

アフターピルの失敗談として目にする機会が多いのは、服用のタイミングです。アフターピルはお薬にもよりますが、避妊に失敗してから72時間(もしくは120時間以内)の服用が必要です。早ければ早いほど効果が高くなるのですが、この時間を過ぎてしまうと、避妊できません。
なぜ、72時間に間に合わないか?

それは、結局、病院で処方してもらうまでに、時間を要したのです。週末で病院が休み、仕事などのスケジュールで、どうしても半日病院へ行けなかった・・・。

「もしも」のためなら、病院へ行っている暇はない・・・のです。

戻してしまった(嘔吐した)

アフターピルの副作用によって嘔吐をした・・・。
アフターピルは、中用量ピルも女性ホルモンが含まれているものもあることから、副作用として吐き気が起きる事があります。嘔吐で薬・成分が充分に吸収されず、結果として避妊に失敗してしまったということもあります。・

体重制限オーバー

アフターピルの成分によっては、体重 75 キロを超える方、または体格指数(BMI)が 25 kg/m2 よりも大きい方には効果が低いとされているものもあります。
これらの体形・体格の場合、タイミング正しく服用したとしても失敗してしまう可能性があります。

最後にアフターピルと併用を避けるべきである薬の代表例を確認しておきますと、結核の薬(リファンピシン)、てんかんの薬(フェノバルビタール、フェニトイン、カルバマゼピン)、抗エイズウイルス薬(エファビレンツ、リトナビル)です。また、セイヨウオトギリソウ( セント・ジョーンズ・ワート)を含む健康食品は併用してしまうと、アフターピルの効果を下げる可能性が指摘されています。

まとめ

アフターピル、低用量ピルの世界的な普及から見ると、日本にける避妊事情はマイノリティ(少数派)と考えられます。自らの性生活と未来、健康(望まない妊娠とピルの副作用)をよく考えて、自分の生活・人生を大切にしましょう。

タイトルとURLをコピーしました