プラクネの効果はニキビケア+美白。背中やお尻のニキビは早く完全に治さないと大変!

スキンケア

背中やお尻のできものは、気づくのが遅れやすく、 他人からも見えないので放置してしまう傾向もあります。実は、それが非常に危険で、悪化して化膿が酷くなる、大きな痕(アト)が残るなど、困ったことに。大切なことは、早めに完全に治すことです。「プラクネ」が力になります。



背中やお尻のニキビは顔のニキビとどう違うのか?

ニキビとは、いわゆる「毛穴の疾患」で、顔、背中やお尻など、どの部位も基本的には同じものです。ただし、背中やお尻の場合、顔と同等のケアはしにくく、ニキビの発症に気づくことも遅れがちです。そうした事情から背中やお尻のニキビは、大きくなったり、痕が残ったりしやすいので、注意が必要です。

背中やお尻ニキビの原因

汗を大量にかく夏場、肌が乾燥しやすい冬場にできやすい点は顔のニキビと同様ですが、顔と違って、背中やお尻の乾燥は気づきにくいし、汗による蒸れを避けることが難しい部位でもあります。「蒸れ」は乾燥とは無縁と考えがちですが、実際は逆で、蒸れは本来の肌の水分(≒うるおい)を奪い、その結果、肌の抵抗力も低下します。最近のマスク習慣が頬や口口元の肌荒れにつながるのも同じ原因です。
もともとニキビができやすい鼻や額と同様に、背中は皮脂腺が多くニキビができやすい部分で、毛穴の中に皮脂やアクネ菌がたまりやすく、炎症を起こす可能性が高い部位です。また、お尻は背中ほどの汗はかきませんが、下着の上にさらにパンツ(ズボン)などボトム服で長時間覆われていることから、汗が解放されず蒸れやすい部位です。
これらの事情から、背中やお尻は肌の調子を崩しやすく、汗疹ができやすく、ニキビもできやすい部位です。

その他、ニキビの原因は皮脂の分泌はホルモンの影響も大きく、排卵後から月経にかけての期間や、ダイエット、不規則な生活、ストレス、女性の場合は排卵後から月経なども皮脂分泌を促す原因になっていると言われます。このことは、顔も背中・お尻も同様です。

背中やお尻のニキビの注意点

さらに、背中やお尻の場合は、それなりにケアしているのに一向によくならないということが、顔よりも多くみられます。それは、やはり背中、お尻はケアの徹底が難しい部位であることが関係していると思われます。特に気をつけたいのが、背中やお尻は一般的なニキビが悪化して「毛のう炎」という皮膚の病気になってしまうこともあることです。

「毛のう炎(毛嚢炎)」とは

「毛のう」とは毛穴の奥、体毛を取り囲んでいる皮膚の組織です。(「毛包」とも呼ばれます。)この毛のうに細菌の一種である黄色ブドウ球菌やマラセチア菌などが侵入して繁殖してしまうことにより、炎症を起こし赤いブツブツとなり、さらに悪化すると化膿して膿を持つ膿疱ができてしまう皮膚疾患です。かなり痛みを伴い、指の第一関節から先ぐらいの大きさから、さらに大きく腫れることもあります。さらに怖いことに、化膿してしまったために切開により膿を出して治癒しても、上記の菌が残っていると再発を繰り返してしまうことがあります。また再発の繰り返しにより、慢性化すると「膿皮症」という皮膚疾患になってしまうこともあります。膿皮症には、黄色ブドウ球菌が関わっているとされ、完治するためには、周囲の皮膚を切除する手術が必要となります。

これらを防ぐためにも、背中やお尻のニキビは、早期に治療し、完全に治すことが重要で、さらに治癒後の再発防止が大切です。なぜなら、ニキビが繰り返しできることで、ニキビ痕はよりいっそう頑固で消えにくくなりますし、ニキビが繰り返すことで、肌フローラは弱まり、肌のツヤ・肌の元気がなくなります。

背中やお尻の予防には「プラクネ」

予防の基本は、顔と同等のケアを行う事です。
顔のニキビ予防の基本は、洗顔と保湿と適切な皮脂コントールですね。
洗顔は言うまでもなく、清潔に保つためですが、洗顔には一定の刺激があって、乾燥につながり、皮脂が少なすぎると肌荒れにもなります。乾燥や肌荒れは肌フローラを壊し、肌の抵抗力を弱めてしまうために、アクネ菌の増殖を招いてしまいます。
ただ、背中やお尻の場合は、ベタつきを避けてサラッとしたいところですから、やはり専用のケアアイテムを使いたいところですね。
それが「プラクネ」です。

気になる背中・デコルテ・お尻に
オールインワン薬用クリーム

みずみずしい感触で肌へのび広がり、すばやく角層に浸透して密着します。

グリチルリチン酸2Kや天然ビタミンEをはじめとする5種類のケア成分を配合。


美白ケアとして、水溶性プラセンタエキス、アセロラエキス、カッコンエキスを配合。

そして、ニキビ予防のキーとなる保湿ケアとそいてコラーゲン3種類・ヒアルロン酸3種類・セラミド2種類を配合。


 


その他、予防のために気を付けたいこと
背中やお尻は一日中、下着につつまれている状態ですから、汗対策として、下着は子コットン製のものを選びましょう。
「コットン製の下着を身につける」ことが予防につながると説明。コットンは化繊に比べて吸水性が高いため、肌をドライに保てるのだそう。同じ理由から、フィットネス用のウェアも吸水性が高い素材のものが好ましいとか。また、運動後はすぐにシャワーで汗を流し、万が一、着用しているパンツやジーンズが肌に擦れてしまった場合は、落ち着くまで患部を冷やすと効果的とのこと。

まとめ

この記事は、主に背中やお尻ニキビの予防(再発予防を含む)を記載しています。今、ニキビができて、一刻も早く治したい場合は、皮膚科を受診のうえ、医師によって処方される薬が最も有効で、治癒も早いでしょう。それらの薬には、再発予防の効果はほとんど見込めません。また、ニキビ痕を消すためには、ニキビの腫れが治った後の丁寧なケア医が必要です。ニキビ痕を残さない、ニキビの再発を防止するために、「プラクネ」おすすめです。

タイトルとURLをコピーしました