病院に行かずにクラビット。クラミジア・淋病の治療、膿皮症・痔ろうの化膿・炎症に

ヘルスケア

だれでも、そんな時があります。今、病院に行っているヒマはない」、「誰にも知られたくない」「ナイショで治したい」「はずかしい」そんなときに、クラビット(レボフロキサシン)ジェネリックの通販がお役に立ちます。これまでにご経験があるなら、常備しておくことをおすすめします。

クラビットジェネリック500mg

クラビットジェネリックとは、レボフロキサシンという有効成分が含まれた感染症治療薬です。
レボフロキサシンは、日本ではクラビットという商品名で販売されており、ジェネリック医薬品も販売されています。

レボフロキサシンは幅広い菌種に適応を持っており、皮膚感染症をはじめ、多くの感染症や炎症を伴う疾患にされています。
通信販売においては、クラミジアや淋病などの性感染症、膀胱炎などの治療を目的とされる場合が多いようです。
また、化膿や炎症の酷いニキビの治療などにも使用されています。(ご参考クラビット(レボプロキサンシン)について

通信販売で購入するなら☟

クラビットジェネリック(LQUIN)500mg

元来は、高価な薬でしたが、現在はジェネリックが出回り、安価になりました。上記リンクもジェネリックです。

クラビットの服用量・服用方法

当然に医師に指示・処方に従うべきですが、一般にお薬サイトなどに記載ある用法には、「1回500mgを1日1回経口投与してください。」とあります。実際のクラビットの販売パターンとしては、250mg、500mgの2種類が一般的です。
この時、250mgを朝晩に分けて服用するか、500mg(または250mg×2錠)を一回で服用するか?については、
「500mgを1回」の方が推奨されます。

一般的に抗菌剤は、1日の服用量を1回で摂取した方が、血液中の抗菌成分の量を多くすることができるため、効果が高いとされるためです。

肛門周囲膿瘍、痔ろう、膿皮症にも効果がある

一般的には、手術が前提となる肛門周囲膿瘍、痔ろう、膿皮症にも使用されています。
膿皮症や痔ろうは、手術をすすめられることが圧倒的に多く、「手術を受けるべき」とされますが、手術を受けても完治せず、再発を繰り返すケースも多いのが実情としてあり、患者としては、その点が非常になやましい疾患です。
また、実際の根治手術は、2週間から3週間の入院を伴うため、患者の仕事などのスケジュールを合わせられないこともあります。そうした際に、化膿による腫れを抑えるために使用されており、根治手術ではない、化膿した患部の切開と併せて、クラビットが処方されるケースもあります。

使用に関する注意点は、下記リンクを参照ください☟
クラビットご使用上の注意

タイトルとURLをコピーしました